起業チャンス到来


by n8knom0930

給与未払いの阿久根市元係長、強制執行申し立て(読売新聞)

 鹿児島県阿久根市の竹原信一市長(51)が懲戒免職にした元係長男性(45)を裁判所の決定を無視して復職させていない問題で、男性側は10日、未払いの給与、ボーナスを支払うよう命じた裁判所の判決に市が従わないとして、市に対する債権差し押さえ命令(強制執行)を鹿児島地裁川内支部に申し立てた。

 総務省は「自治体が強制執行を受けることになれば、極めて異例の事態」と話している。

 申立書では、男性側は昨年10月から今年2月までの未払い給与など222万2809円の支払いを求めている。差し押さえ債権としては市指定金融機関の貯金口座を挙げている。

 男性は昨年7月末、市庁舎内にあった人件費に関する張り紙をはがしたとして懲戒免職処分を受けたが、「処分は市長の裁量権の逸脱乱用」と主張。処分取り消しなどを求める訴訟を起こすとともに、行政事件訴訟法に基づき処分の効力停止を申し立てた。

 鹿児島地裁は昨年10月、効力停止を決定し、市側の即時抗告を受けた福岡高裁宮崎支部も地裁の決定を支持した。しかし、市は従わず、男性は給与などの支払いを求めて提訴。鹿児島地裁は今月3日の判決で、市に支払いを命じ、判決確定前に財産の差し押さえができる仮執行も認めた。

 男性側は、未払い給与などの支払いを求める通知書を市長に送付したが、期限の10日正午までに市が支払わなかったため、差し押さえの手続きに入った。

 市総務課は「差し押さえについての書面が届いていないため、コメントできない」と話している。

イノシシ猟、5m後ろから一粒弾撃たれ死亡(読売新聞)
<ひき逃げ?>部活から帰宅途中の高校生 路上で死亡 岐阜(毎日新聞)
教職員組合の資金運用、全国調査へ…自民方針(読売新聞)
紀伊半島沖に地震・津波計=「東南海」対策に期待−無人機で海底に設置へ・海洋機構(時事通信)
辞任要求の与謝野氏「民主に代わる選択肢も…」(読売新聞)
[PR]
by n8knom0930 | 2010-03-11 10:39