起業チャンス到来


by n8knom0930

<   2010年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧

 昨年10月25日、タイ北部の街メーソートから訃報(ふほう)を受けた。中野弥一郎さん。享年89歳。数多くいたと思われる「ビルマの竪琴」の「水島上等兵」の一人だった。

 「烈兵団」の兵士として、インパール作戦に参加、ビルマ(現ミャンマー)からインドのコヒマを攻めたが、敗走。3万人以上が戦病死し、敗走路は「白骨街道」と呼ばれた。

 終戦後の昭和20年9月、同郷の友人と捕虜収容所を抜け出し、そのままビルマで暮らす。しかし、内戦が激化、妻子とともにタイ国境を越えた。カレン族難民としてだった。

 タイ最後の残留日本兵の死。訃報を記事にするか、迷った。結局、「あまり知られていない」と判断して書かなかった。

 2月の新潟・小千谷は2メートルを超す雪に覆われていた。「そうですか、弥一郎が亡くなりました。そうですか」。真島猛さん(89)は絶句したままだった。こたつに入った姿がわずかに小さくなったように思えた。やはり、知らなかった。

 一緒に脱走した友人である。2人は背中に仏塔の入れ墨をしてカレン族の男になる決意をした。2年後、現地警察に発見され、真島さんだけが日本に帰還した。

 「弥一郎とはね…」。負傷し、気を失っているうちに仲間に焼かれそうになった話。遺体だと思い、靴を交換しようとしたら、「まだ生きています」といわれた話。白骨街道の悲惨さ、カレン族の暮らしを問わず語りに娘さん夫婦に話し始めた。「前は戦争のことは全然、話さなかったんですよ。入れ墨も不思議でしたし、もっと話してくれればよかったのに」。娘さんはそう言った。

 訃報記事を目にすることで、愚かなインパール作戦で亡くなった日本兵や還(かえ)らなかった「水島上等兵」に思いをはせる読者はいただろう。一人の死が日本人として忘れてはならない過去を振り返るきっかけになることがある。書かなければいけなかった。

 真島さん方を辞去する際には横殴りの雪になっていた。越後湯沢駅に向かうレンタカーのフロントガラスに大粒の雪が付いては、溶けた。雪の大群に襲われているかのような感覚になる。この光景を中野さんは覚えていただろうか。タイの自宅には日本語の新聞や雑誌が積まれ、壁には出征前の自身の写真と昭和天皇の写真が飾られていた。最期まで日本人。故郷の雪も忘れるはずはなかった。(社会部編集委員 将口泰浩)

ヤマノHD会長がインサイダー取引=故山野愛子さんの三男−監視委(時事通信)
介護職員処遇改善交付金、2月サービス分の申請期限を延長―厚労省(医療介護CBニュース)
<中国映画>道東が舞台のストーリー 北海道9市で上映(毎日新聞)
少子高齢化、人口減少…日本経済、繁栄持続の道は(産経新聞)
「撮り鉄」の“脱線”問題 大阪府警が捜査へ(産経新聞)
[PR]
by n8knom0930 | 2010-02-28 12:32
 公明党の山口那津男代表は24日午前、首相官邸で鳩山由紀夫首相と会い、介護保険制度に関する提言を手渡した。提言は、(1)介護施設待機者を2025年までに解消(2)介護保険利用者負担の軽減(3)現行5割の公費負担割合を25年までに3分の2に引き上げ−などを求めている。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
ポスト鳩山を狙う"ラグビーボール"原口総務相
勃発した「藤井一派」vs「アンチ財務省」の暗闘〜経産省と組んだ菅副総理〜

<福知山線脱線>検審、遺族と検察官から聴取へ(毎日新聞)
脱税で弁護士ら逮捕=20億円所得隠し−東京地検(時事通信)
被爆桜 平和への「遺志」咲かせたい…横浜の小学校に植樹(毎日新聞)
選挙運動の強化要請 北教組支部が内部文書 小林議員地元(産経新聞)
参院選「本格保守」アピール=外国人参政権、夫婦別姓に反対−国民新(時事通信)
[PR]
by n8knom0930 | 2010-02-26 16:07
 08年に千葉県八千代市の学校校庭で自殺した秀明八千代中学校3年の男子生徒(当時15歳)の両親が19日、自殺の兆候に気付きながら適切な対応を取らなかったとして、同校を経営する学校法人「秀明学園」(埼玉県川越市)と当時の担任教諭に約8400万円の賠償を求めて東京地裁に提訴した。

 訴えによると生徒は08年11月25日、6時間目の授業が始まっても教室に現れず、捜していた担任が校庭の木にロープをかけ首をつっているのを見つけた。生徒は脳死状態となり、25日後に死亡した。

 両親は、生徒が約2週間前に提出した学習記録で「どうすればいいか分からない。自殺サイトにいる人たちと話がはずむ」と自殺をほのめかしていたのに担任からは連絡や相談もなかったと主張。「自殺の原因は全く思い当たらない。学校は調査、報告をせず、学習記録も2週間以上引き渡さなかった」としている。

 同校は「提訴は把握しておらず、現時点でコメントはない」と話している。【伊藤一郎】

皇太子さま50歳 「さらなる自己研鑽を」(産経新聞)
<将棋>17日から王将戦・第4局(毎日新聞)
ペイオフ見直しせず=中小金融に有利にならず−金融相(時事通信)
韓国製頭痛薬など販売目的で保管 食品店経営の男逮捕(産経新聞)
「2」の“ぞろ目”記念押印 郵便局も列(産経新聞)
[PR]
by n8knom0930 | 2010-02-25 14:52
 京都大大学院理学研究科の松田祐司教授(低温物理学)らの研究グループが、「最も重い電子」を持つ金属化合物を作ることに成功した。19日の米科学誌「サイエンス」に掲載する。グループは「新たな超電導物質や記録容量の大きな磁気記録媒体の開発につながる可能性がある」としている。

 電子の重さは動きの“自由度”に左右され、金属の中では真空中の約10倍重くなり、横にしか動けない二次元の世界では更に重くなる。今回の「最も重い電子」の計算上の重さは、真空中の約1000倍の「9.1×10のマイナス28乗キログラム」。

 研究グループは、紫外線フィルターなどに使うセリウムの原子核周辺の電子が非常に重いことに注目。ほぼ完全な真空状態で、金属のランタンと共に加熱して気化させ、厚さ約0.2ナノメートル(ナノは10億分の1)と非常に薄いセリウム化合物の膜を作った。

 そこに閉じ込められた電子の重さを計算したところ、真空中の電子の約1000倍に達し、これまで知られていた約200倍重いセリウム化合物を大きく上回った。【広瀬登】

【関連ニュース】
サバ水煮缶:高濃度ヒスタミン検出…保健所が回収命令
カドミウム:給食の玄米から微量検出 兵庫・地元で収穫
高濃度ヒスタミン:青森のサバ缶回収 食べて口にしびれ
旧焼却施設周辺から環境基準の最高21倍検出−−神奈川・相模原
カドミウム:学校給食米から検出 人体影響なし−−兵庫

若者はしか予防追加接種の低迷続く 東北18歳は平均上回る(河北新報)
<交通事故>横断中はねられ小2男児死亡 愛知・春日井(毎日新聞)
子ども手当、所得税増税で=財源確保へ最高税率見直し−菅財務相(時事通信)
野口宇宙飛行士 「日本選手の活躍楽しみ」宇宙から激励(毎日新聞)
AA→A→評価なし タクシー会社格付け 全国で導入(産経新聞)
[PR]
by n8knom0930 | 2010-02-24 06:34
 福岡県町村会による贈収賄事件で逮捕された前副知事中島孝之容疑者(67)が、町村会側から受けたとされる飲食などの接待を認めていることが捜査関係者への取材で分かった。接待にはほかにも複数の県幹部が同席していたとされ、県警捜査2課は20日までに、元部長(退職)と現職課長を任意で聴取した。
 接待は、架空請求で町村会から現金を詐取したとして逮捕、起訴された元事務局次長(70)と参事(49)の供述で判明。2人の公判で検察側は、接待が20年以上にわたる慣習だったと指摘した。
 関係者によると、中島容疑者らは町村会側の費用で福岡市内の高級クラブやマージャン店に行ったほか、ゴルフや北海道などへ視察名目で旅行もしていたという。同席したとされる県幹部は、いずれも同容疑者のかつての部下だった。 

【関連ニュース】
小学館社長かたり女子大生だます=容疑で41歳男逮捕
最新サイバー攻撃、世界2800カ所に=東欧犯罪集団が中国経由で?
振り込めグループ6人逮捕=46都道府県、400人被害か
山内衆院議員の元秘書逮捕=支援者から3000万円詐取容疑
リフォーム代名目で1500万詐取か=容疑で43歳男逮捕

経産省、オバマ流でIT政策への意見募集(読売新聞)
「谷垣語解釈して」記者会見で謎の訴え(産経新聞)
過労で発症、2億円弱賠償命令=元飲食店店長、意識不明で寝たきり−鹿児島地裁(時事通信)
メディカルアライアンスの格付け据え置き―JCR(医療介護CBニュース)
店内で2人刺され負傷=殺人未遂容疑で逮捕−大阪府警(時事通信)
[PR]
by n8knom0930 | 2010-02-23 02:22
 神奈川県警は19日、規定に反して取り調べ中の30代の容疑者に飲食させたり、護送時に自宅に立ち寄らせたりしたとして、鎌倉署刑事課知能組織犯罪対策係長の警部補(60)と同署警務課管理係長の警部補(57)を戒告の懲戒処分とした。
 県警監察官室によると、刑事課係長は昨年7月、取り調べ中の容疑者にたばこ、せんべい、清涼飲料水を求められ与えた。警務課係長は護送中、容疑者の自宅に立ち寄り母親に会わせた。
 容疑者は同月、恐喝未遂容疑で逮捕された自称自営業の暴力団周辺者という。 

【関連ニュース】
浜崎あゆみさん宅に脅迫状=5億要求、「社長宅焼く」
告訴受理忘れうその日付記載=警部補を書類送検、減給
覚せい剤で起訴の警部補を免職=「数回使用」「後悔している」
「異性関係ばらす」と女性脅す=町課長補佐、容疑で逮捕
25歳巡査を懲戒免職=女子大生にわいせつ行為

国庫負担「肩代わり」法案に反対声明―健保連(医療介護CBニュース)
【止まらぬ暴力 シー・シェパードの実態】(下)遅れる法整備(産経新聞)
<普天間移設>結論5月まで 外相がウェッブ氏に説明(毎日新聞)
<土曜授業>「賛成」9割 ネット調査(毎日新聞)
子ども手当「11年度は満額」=鳩山首相(時事通信)
[PR]
by n8knom0930 | 2010-02-22 03:07
 鳥取県内で起きた連続不審死で、県警捜査本部は14日、同県若桜町のトラック運転手、矢部和実さん(当時47歳)の遺体発見現場近くの同県北栄町の海岸などを約70人で捜索した。捜査本部は、別の男性への強盗殺人容疑で逮捕した鳥取市の元ホステス、上田美由紀容疑者(36)を、新たに矢部さんに対する強盗殺人容疑で18日にも再逮捕する方針で、捜索は上田容疑者につながる遺留品が残されていないかなどを確認する目的とみられる。

 矢部さんは昨年4月11日早朝、北栄町沖の日本海の海底で遺体で見つかった。遺体からは睡眠導入剤の成分が検出された。上田容疑者と同居していた男(46)=詐欺罪などで起訴=が弁護人に話した内容によると、矢部さんと上田容疑者が2人で海に行き、男が呼び出されて海岸に行くと服のぬれた上田容疑者がおり、矢部さんの姿はなかったという。

 上田容疑者は矢部さんに100万円以上の借金があり、捜査本部は、上田容疑者が返済を免れる目的で矢部さんに睡眠導入剤などを飲ませて顔を無理やり海につけるなどして殺害したとみている。

【関連ニュース】
【写真特集】鳥取不審死:相関図や遺体発見現場などを写真で
鳥取不審死:矢部さんの事件も強盗殺人容疑での立件へ
鳥取不審死:殺害前日に誓約書 円山さんの事務所に残る
鳥取不審死:円山さん 殺害前日に上田容疑者に3度電話
鳥取不審死:上田容疑者、派手好きで子煩悩

預金55億の利息流用か=小林氏側への選挙資金に−札幌地検(時事通信)
警察署内で拳銃奪い発射=警察官が腕にけが−殺人未遂容疑で男逮捕・警視庁(時事通信)
<名古屋補正予算案>法人市民税収入107億円減額(毎日新聞)
消費税上げに反対=福島担当相(時事通信)
JR宇都宮線が運転再開 3万5千人「困った」(産経新聞)
[PR]
by n8knom0930 | 2010-02-20 13:52
 沖縄県の米軍普天間飛行場移設問題で、国民新党は14日、米軍嘉手納基地(嘉手納町など)との統合案に加え、米軍キャンプ・シュワブ陸上部(名護市など)への移設を提案する方針を固めた。

 一方、社民党は国外移設案に加え、5〜10年の期限付きで九州に移設する案を提示する方向で調整に入った。政府・与党は17日に「沖縄基地問題検討委員会」を開き、両党がそれぞれの案を正式に示す予定だが、対象となる国内各地元自治体の反発は必至だ。

 国民新党のキャンプ・シュワブ陸上部案は、現行計画の同沿岸部に近く、かつて浮上した経緯がある。政府や民主党内にも理解を示す意見があり、「抑止力維持の面から米側も受け入れやすい」(国民新党幹部)との見方があるが、地元の名護市長は先月24日の当選後、「沿岸も陸上も絶対反対」と強調している。同党はあわせて、米自治領北マリアナのサイパン、テニアンへの訓練移設も盛り込む方向で検討中だ。

 社民党は、米領グアムのほか、サイパン、テニアンも有力候補とする方針。ただ、グアム側が難色を示すなど難航も予想されるため、「暫定的な国内移設」案も浮上した。具体的には、海上自衛隊大村航空基地(長崎県大村市)や佐賀空港(佐賀市)などを想定している。各案については、名護市をはじめ、嘉手納町や大村市などがすでに反対を表明している。

<踏切事故>列車とトラック衝突 高校入試に影響 埼玉(毎日新聞)
「非保有国への不使用」要求…日豪が核共同宣言へ(読売新聞)
トランスデジタル元副社長ら逮捕=特定社に債権譲渡−民事再生法違反容疑・警視庁(時事通信)
<火災>名古屋市緑区でアパートの部屋燃える 男性が死亡(毎日新聞)
山内議員元秘書を逮捕 架空の投資話で3千万円詐取容疑(産経新聞)
[PR]
by n8knom0930 | 2010-02-19 14:43
 直嶋正行経済産業相は16日の閣議後会見で、政府が3月上旬にも国会に提出する予定の「地球温暖化対策基本法(仮称)」に、地球温暖化対策税(環境税)など温室効果ガス削減の具体策を書き込むことについて「無理がある」と否定的な見通しを示した。

 環境省は15日に開かれた基本法に関する関係閣僚委員会の副大臣級会合に、国内排出量取引制度や環境税の導入などを盛り込んだ素案を提出した。

 これについて直嶋経産相は「(排出量削減の)国際的な枠組みが決まらないなかで、あまり細部を議論しても仕方がない」と指摘。排出量取引制度や環境税について「国民の声は賛否両面がある。いまの時点で、具体的な内容まで決めていくのは率直に言って無理がある」とし、「基本法ではあまり踏み込んだ内容は書けないのではないか。書けば先々、(政策的に)齟齬(そご)をきたすのではないか」と述べた。

【関連記事】
11年度に環境税導入 「温暖化基本法」素案を提示
国民の8割反対 早急な温暖化対策法取りまとめに疑問の声
「地球から見れば、人間がいなくなるのが一番優しい」鳩山首相
温暖化で最強ハリケーンの発生頻度2倍に上昇か
【日本の議論】エコの優等生・風力発電に逆風 低周波は本当に有害か?

就職 「氷河期なんかに負けないぞ」専門学校生が出陣式(毎日新聞)
民家で3人刺され、1人死亡か…犯人は逃走(読売新聞)
首相官邸に実弾? 届く=小沢事務所にも、鑑定急ぐ−警視庁(時事通信)
過失致死容疑 マイケル専属医を訴追(産経新聞)
田村参院議員、民主会派入り(時事通信)
[PR]
by n8knom0930 | 2010-02-18 13:04
 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る事件で、政治資金規正法違反で起訴された民主党衆院議員、石川知裕被告(36)は10日、「収支報告書に不適切な記載をしたことについては深く反省する」とのコメントを発表した。起訴内容を否認したかのような9日の会見時の発言を訂正するためとみられる。

【写真特集】石川衆院議員:東京地検が逮捕

 石川議員は会見で「政治資金の出所を不明にするなどの目的で意図的に虚偽の収支報告をしたことはない」と発言し、一部で「一転否認」などと報じられた。このため10日発表したコメントは「誤解を招いたようなので一言申し上げる」としたうえで「不適切な記載」を認める一方で「建設会社等から不正な金銭を受領したことは一切ない。このことを強調したかった」としている。石川議員は捜査段階の取り調べで故意に虚偽記載した事実を認めている。【小林直】

【関連ニュース】
石川議員:辞職、離党を否定 保釈後、初会見
石川知裕議員:辞職勧告、結論出ず 衆院議運
陸山会事件:石川議員、保釈 報道陣の問いには答えず
陸山会土地購入:小沢氏との接触禁止 秘書らに保釈条件

石巻の民家で3人刺され女性2人死亡 18歳少年が少女連れ去る(産経新聞)
<石巻2人刺殺>大森さん、心配し宿泊 巻き添えか(毎日新聞)
秋山被告3月に判決=防衛コンサル脱税−東京地裁(時事通信)
<姫路独協大>法科大学院の合格者ゼロ…来年度入試(毎日新聞)
<お別れの会>武藤信一さん=25日、ホテルニューオータニ(毎日新聞)
[PR]
by n8knom0930 | 2010-02-17 14:06